横浜トライアスロン情報サイト
  • トップページ
  • JTU登録手続き
  • ENGLISH
  • Follow us
  • FACEBOOK
2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会  2017 ITU World Triathlon Yokohama
トップページ > 募集要項  > 一般エントリー 

一般エントリーについて

2021横浜大会の一般エントリーは、いまだコロナ禍の収束が見えず、2度目の緊急事態宣言が発出されている厳しい状況の中でしたが、多くのトライアスリートの皆様に、新生活様式による様々な場面での安全対策「横浜スタイル」をご支持いただきました。

また、大会事務局では、大会運営の安全を最優先に万全な開催準備をしているところですが、今回、緊急事態宣言のさなかでのエントリーであったため、申し込みを躊躇された方々が多くいると思います。

大会事務局は、是非ともこのコロナ禍を乗り越え、5月には横浜でトライアスリートの皆様と安心してお会いできることを楽しみにしています。そして、皆様が一堂に会し、競技を楽しんでいただけることを望んでいます。

このたび、一人でも多くの皆様に、トライアスロンを通じて「夢」と「希望」をお届けさせていただくため、一般エントリーの期間を延長することといたしましたので、是非この機会にお申し込みください。

なお、新型コロナウイルス感染症の影響により、大会が中止となった場合は、参加料から返金に係る経費を差し引いた金額を返金いたします(エントリー手数料を除く)。

 

一般エントリー開始

2021大会大会は、ここが変わります!

 

 

 

 

一般エントリーは1/18(月)正午からスタート

エントリースケジュール

時 期

内 容

1月18日(月)〜2月1日(月)

一般エントリー受付期間 

2月2日(火)~2月10日(水)

一般エントリー受付延長期間

2月24日(水)〜3月2日(火)

一般エントリー結果発表 入金期間 (予定)

4月上旬頃

スタートリスト発表 (予定)

 

エントリープラン

一般エントリープラン(抽選)

基本のエントリープランです。

項目 人数 参加料 内訳

スタンダードディスタンス 440名

29,200円

参加料:29,000円

環境協力金:200円

スプリントディスタンス 100名 20,200円

参加料:20,000円

環境協力金:200円

エイジパラトライアスロン 10名 20,200円

参加料:20,000円

環境協力金:200円

リレー 20組
(60名)

40,600円

参加料:40,000円

環境協力金:600円

エントリーはこちら

 

 

セレクトサービスエントリー(先着)

2020大会で「スタンダートディスタンス」にエントリーされた方が選択可能なプランです。

「ストレスフリーで大会参加」がコンセプトのおもてなしを充実させた特別エントリーです。
→|詳細はこちら 
項目 人数 参加料 内訳
スタンダードディスタンス 10名

100,000円

参加料:29,000円

環境協力金:200円

主なサービス内容

セレクトサービスエントリー専用のテントを使用

・専用更衣室でゆっくりと!

・荷物預りもスムーズに!

・モニターでレース観戦ができる!

・軽食、冷えた飲み物をご用意いたします!

・レース前、レース後はゆっくり休憩スペースでおくつろぎいただけます。

オリジナル記念品をプレゼント

トライアスロン指導者によるレース前日のアドバイス など

エントリーはこちら

 

 

ツアーパックエントリー (先着)

2020大会で「スタンダートディスタンス」にエントリーされた方が選択可能なプランです。

観光や宿泊など、お好きなプランがアレンジできるツアーパックのエントリーです。

項目 人数 参加料 内訳

スタンダードディスタンス

プレミアムプラン
5名

29,200円+α

参加料:29,000円

環境協力金:200円

各プラン料金

スタンダードディスタンス

スタンダードプラン
80名

29,200円+α

参加料:29,000円

環境協力金:200円

各プラン料金

エントリーはこちら



チャリティーエントリー(先着)

参加料の一部を寄附させていただくエントリーです。

※チャリティー寄附金(※1万円)は、環境への取組に活用いたします。

※本チャリティーは税制優遇の対象にはなりません。

項目 人数 参加料 内訳

スタンダードディスタンス

100名

39,200円

参加料:29,000円

チャリティー:10,000円

環境協力金:200円

スプリントディスタンス

50名

30,200円

参加料:20,000円

チャリティー:10,000円

環境協力金:200円

エイジパラトライアスロン

10名

30,200円

参加料:20,000円

チャリティー:10,000円

環境協力金:200円

エントリーはこちら

 

海外エントリー

海外国籍で海外在住の方のエントリーです。

項目 人数 参加料 内訳

スタンダードディスタンス

30名

30,200円

参加料:29,000円

JTU1day登録 1,000円

環境協力金:200円

エントリーはこちら


項目 人数 参加料 内訳

スプリントディスタンス

10名

21,200円

参加料:20,000円

JTU1day登録 1,000円

環境協力金:200円

エントリーはこちら

 

 

参加資格(JTU事前登録必須)

本大会は、2021年度JTU登録が必須となります。詳細は次のURLからご確認ください。 https://www.jtu.or.jp/register/

 

2020WTS YOKOHAMA

 

※以下の条件を満たしていない場合は参加できません。また、参加をお断りさせていただく場合があります。

※参加条件を満たしている場合であっても、完走証など証明となる書類のご提示をお願いする場合があります。

 

エイジグループ① 【スタンダードディスタンス】

  • 2021年12月31日において18歳以上の男女
  • 2021年度JTU登録会員
  • 各種目を制限時間内で完走できる男女
    【スタートからスイム終了まで45分、ラン終了まで3時間45分】
  • 競技説明会はパソコンやスマートフォンを活用したオンライン説明会を導入します。そのため、大会1週間前までに競技ルールを説明した内容を確認の上、理解度チェックを完了いただく必要があります。
    ※オンラインシステムの導入により、これまで実施していた集合型の競技説明会は行いません。

エイジグループ② 【スプリントディスタンス】

  • 2021年12月31日において16歳以上の男女
  • 2021年度JTU登録会員
  • 各種目を制限時間内で完走できる男女
    【スタートからスイム終了まで25分、ラン終了まで2時間00分】
  • 競技説明会はパソコンやスマートフォンを活用したオンライン説明会を導入します。そのため、大会1週間前までに競技ルールを説明した内容を確認の上、理解度チェックを完了いただく必要があります。  
    ※オンラインシステムの導入により、これまで実施していた集合型の競技説明会は行いません。

エイジパラトライアスロン

  • 2021年12月31日において16歳以上の男女
  • 2021年度JTU登録会員
  • エイジパラの部参加カテゴリーTRI1-TRI6に該当する者。 (エイジパラの部は、TRI1-6の旧カテゴリーで実施します。)
    各クラスについては、以下のURLを参照ください。
    https://www.jtu.or.jp/news/2013/05/17/11303/
  • 各種目を制限時間内で完走できる男女
    【スタートからスイム終了まで25分、ラン終了まで2時間00分】
  • ハンドラー、ガイドは原則として自己手配とします。
  • 競技説明会はパソコンやスマートフォンを活用したオンライン説明会を導入します。そのため、大会1週間前までに競技ルールを説明した内容を確認の上、理解度チェックを完了いただく必要があります。  ※オンラインシステムの導入により、これまで実施していた集合型の競技説明会は行いません。  ※ガイド、ハンドラーの方も大会1週間前までに競技ルールを説明した内容を確認の上、理解度チェックを完了いただく必要があります。

エイジリレー

  • 2021年12月31日において18歳以上の男女2名、または3名からなるチーム
  • 2021年度JTU登録会員(※チーム全員のJTU登録が必須)
  • 各種目を制限時間内で完走できる男女 【スタートからスイム終了まで45分、ラン終了まで3時間45分】
  • 競技説明会はパソコンやスマートフォンを活用したオンライン説明会を導入します。そのため、大会1週間前までに競技ルールを説明した内容を確認の上、理解度チェックを完了いただく必要があります。  ※オンラインシステムの導入により、これまで実施していた集合型の競技説明会は行いません。
  • 登録後のメンバー変更は、2021年3月31日(水)までに所定の書面にて変更届を提出し、受理された場合に限ります。

 

表  彰

カテゴリー 内容

エイジグループ①
スタンダードディスタンス

19歳以下男女 1位~3位

20歳以上は5歳ごとの年代別男女 1位~3位

エイジグループ②
スプリントディスタンス

19歳以下男女 1位~3位

20歳以上は10歳ごとの年代別男女 1位~3位

エイジパラトライアスロン

各カテゴリー別男女 1位~3位

リレー

男子、女子、混合 1位~3位

 

 

大会保険

JTUが推奨する大会保険に加入します。(引受保険会社:三井住友海上火災保険株式会社)

競技中の負傷などに対する組織委員会の保証は、大会において加入する保険の適用範囲内です。
また機材・備品の保証は一切ありません。次の保障内容を必ず確認のうえ、不足と思われる方は各自において別途保険加入ください。

 

給付内容/原因 傷害 日射病・熱射病・ 低体温症 細菌性食物中毒・特定疾病

 死亡補償

1,500万円

500万円

 後遺障害補償

45~1,500万円

20~500万円

20~500万円

 入院見舞金

5,000円×所定

5,000円×所定

5,000円×所定

 通院見舞金

2,500円×所定

2,500円×所定

2,500円×所定

 葬祭費用見舞金

100万円(実費)

 

 

その他注意事項

大会について

  • JTU競技規則及びローカルルールの適用について
    JTU競技規則は下記URL先をご参照ください。 
    http://www.jtu.or.jp/jtu/pdf/rulebook_20190123.pdf
  • 安全管理のために、審判員、競技スタッフがやむを得ず、競技を止める場合があります。
  • 各部門ともウェットスーツ着用、ロードレーサーまたはトライアスロン専用車での出場が義務となります。
  • レースナンバーベルトの使用を推奨します。(競技の安全管理上、安全ピンの配布は致しません。)
  • 参加費の内訳(参加記念品、競技指定用品、大会傷害保険等)
  • エイジパラトライアスロンについて
    エリートパラトライアスロン〔5月15日(土)〕との重複エントリーは可能ですが、エイジパラトライアスロン参加確定後のエリートパラトライアスロンへの参加振替はできません。また、エリートパラトライアスロン出場選手確定後の、エイジパラトライアスロンへの参加振替もできません。
  • エイジパラトライアスロンのクラス分けについて(ローカルルール)
    詳細は下記よりご確認ください。
    https://www.jtu.or.jp/news/2013/05/17/11303/
  • エリートパラトライアスロンについて
    エリートパラトライアスロンへの出場には、別途、国際トライアスロン連合(ITU)、日本トライアスロン連合(JTU)出場基準があります。
    *詳細は2021年1月以降、JTU事務局(jtuoffice01@jtu.or.jp)へお問合せください。
    【参考】2020年度大会出場基準
    https://www.jtu.or.jp/news/2020/01/07/5358/

個人情報の取り扱いについて

主催者は、個人情報の重要性を認識し、個人情報の保護に関する法律及び関連法令等を遵守し、主催者の個人情報保護方針に基づき、個人情報を取り扱います。大会参加者へのサービス向上を目的とし、大会に関するご案内、大会関係資料の作成等に利用します。また、国の機関等からの情報提供の要請があった場合は、主催者の判断により、本人の同意を得ることなく、目的外利用や第三者への提供を行います。

大会で撮影した映像・写真について

本大会では、大会スタッフ又は各種報道関係者が、大会の様子等を撮影します。撮影した映像や写真を、主催者が作成するウェブサイト、ポスター、広報物並びに情報メディアにおいて使用することがあります。また、主催者が許可したウェブサイト、新聞、雑誌その他各種媒体で掲載、放映又は配信する場合があります。あらかじめご了承ください。

参加資格の譲渡について

大会での代理出走、権利譲渡はできません。こうした行為が判明した場合は失格となります。その場合、主催者はいかなる補償も返金もいたしません。また、譲渡した人、された人、ともに日本トライアスロン連合(JTU)に報告され、他大会も含めて参加できなくなる「資格停止」となることもあります。

参加料返金について

本人都合によるキャンセルや、地震・風水害・事件・事故・疫病等により大会が中止となった場合は、参加料・エントリー手数料の返金は致しません。ただし、新型コロナウイルス感染症の影響により、大会が中止となった場合は、参加料から返金に係る経費を差し引いた金額を返金いたします。

なお、エントリー手数料は返金いたしません。

 

 

横浜ブルーカーボン事業

横浜ブルーカーボン事業 
~みんなで育てよう、地球を守る海の力~

横浜ブルーカーボン事業

世界トライアスロン・パラトライアスロンシリーズ横浜大会は、「自然にやさしいトライアスロン大会」を目指しています。

この実現に向けて、本大会では海洋を活用した地球温暖化対策によるCO2排出量削減効果から生み出されたカーボンオフセットのクレジット(横浜ブルーカーボン・クレジット)を活用してCO2排出量をオフセット(埋め合わせ)します。

具体的には、参加料のうち200円を環境協力金として、参加者の会場までの移動により生じるCO2排出量に相当するクレジットを購入し、CO2排出量をオフセットします。クレジットを購入することで、本大会がわかめの地産地消などによる温暖化対策を間接的に支援します。

 

→|横浜ブルーカーボン事業 

 

 

 

 

2021年2月11日現在
本ページに掲載されている情報の全てまたは一部を予告なく変更する場合がございます。