横浜トライアスロン情報サイト
  • トップページ
  • JTU登録手続き
  • ENGLISH
  • Follow us
  • FACEBOOK
img
トップページ > 新着情報一覧 > WTS横浜ニュース

2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会
チャリティ寄附金贈呈式 報告

2017年7月23日掲載

7月18日(火)に、2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会チャリティーエントリーにおける寄附金を、日本郵船氷川丸に寄附する贈呈式を行いました。

日本郵船氷川丸 金谷範夫船長は、「氷川丸の保全に対して、今回このような寄附をいただけることに感謝しています。この寄附金を有効に活用して氷川丸の保全に努め、横浜市を一緒に盛り上げたいと思います」と話した。

 

贈呈を行った同組織委員会 山口宏副会長(横浜市体育協会会長)は、「私は子どもの頃、遠足で氷川丸に来た思い出があります。その氷川丸がこの先、100年、120年と存続して欲しいです。」と語った。

立会人として出席した(公社)日本トライアスロン連合 園川峰紀理事は、「スイムコースで選手を見守り続けている[氷川丸]は、海の女神として今後も選手を見守り続けて欲しい」と語った。

出席者(左から)

日本郵船株式会社 歴史博物館・氷川丸グループ 氷川丸チーム長 酒井 祐次郎

日本郵船株式会社 横浜支店長 阿部 且

日本郵船株式会社 歴史博物館・氷川丸グループ長 大須賀 由紀

日本郵船氷川丸船長 金谷 範夫

2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会組織委員会副会長 山口 宏

公益社団法人日本トライアスロン連合理事 園川 峰紀

2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会組織委員会委員 濱 陽太郎

2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会組織委員会委員 岡田展生

2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会組織委員会事務総長 大久保挙志

 

 

概 要

寄附金額

10,000円/1人

寄附人数

150人
(内訳)
スタンダードディスタンス 100人
スプリントディスタンス   50人

寄附金額合計

1,500,000円

寄附先

日本郵船氷川丸

寄附理由

(1)ポンツーンから飛び込み、氷川丸に向かって泳ぐスイムコースは選手にとって、ま さに横浜を連想させる大会の象徴的な存在であるとともに、将来にわたって横浜港の象徴と成り得ることが期待できる。
(2)造船・工芸技術上の価値が高く、海上で保存されている船舶としては、初の重要 文化財指定となったこと。
(3)保存活用により日本の海運の歴史を後世に伝えることができ、海に関心を持ち親しみを深める活動が期待できること。

 


お問い合わせ

世界トライアスロンシリーズ横浜大会 組織委員会事務局
電話番号:045-680-5538 FAX:045-641-2371
E-mail:info@yokohamatriathlon.jp