横浜トライアスロン情報サイト
  • トップページ
  • JTU登録手続き
  • ENGLISH
  • Follow us
  • FACEBOOK
2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会  2017 ITU World Triathlon Yokohama

2021エントリー総合案内

市長あいさつ

「ITU世界トライアスロンシリーズ・パラトライアスロンシリーズ横浜大会」では、毎年、世界中のトップアスリートが街を駆け巡ります。その姿に、多くの観戦者が声援を送り、横浜の街は大いに賑わいます。おかげさまで、観戦者数も年々増加し、前回大会には過去最高の46万5千人の方々にお越しいただきました。10年以上にわたり、横浜の地で東アジア唯一となる世界トライアスロンシリーズを開催できることは、ひとえに皆様の御支援・御協力の賜物です。深く感謝申し上げます。

新型コロナウイルス感染症の影響により、残念ながら2020年大会は開催を見送りました。2021年大会では、新しい生活様式に適応した最良の環境を整え、大会に関わるすべての皆様を、市を挙げてお迎えします。各種説明会をオンライン化し、参加者の皆様の受付時間を緩和する「スマートチェックインシステム」の導入など、感染症対策を徹底し、安心・安全な大会を開催いたします。コロナ前にも増して、感動を共有し、絆を育むスポーツの力で、2021年大会を、そして横浜の街を盛り上げてまいります。
来年の横浜大会で、笑顔で皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

 

優先エントリー 
12月11日(金) 正午スタート!

「2021 ITU世界トライアスロンシリーズ・パラトライアスロンシリーズ横浜大会」では、2020大会への参加が叶わなかった選手の皆様の想いを受け、2020大会に参加手続きを完了された方を対象に、2021大会へ優先的に出場いただける枠をご用意いたしました。

また、2021年大会の大会運営にあたっては、安心・安全に大会を楽しめるよう、新しい生活様式に対応した環境を整え、選手の皆様をはじめ、大会に関わるすべての方々をお迎えします。コロナウイルスに打ち勝ち、来年5月に、横浜で皆様にお会いできる日を楽しみにしています。

なお、新型コロナウイルス感染症の影響により、大会が中止となった場合は、参加料から返金に係る経費を差し引いた金額を返金いたします(エントリー手数料を除く)。

 

対象者

「2020 ITU世界トライアスロンシリーズ横浜大会」の参加手続きを完了した皆様  

対象の皆様には、以下のメールを送付いたします。

 

  1. エントリー案内メール
    優先エントリーの対象となる方には、2020年大会のエントリー時にご登録いただきましたメールアドレス宛に、優先エントリー関連の案内メールを10月26日(月)に通知いたします。2020大会エントリー時にご登録いただきましたメールアドレスを変更された方は、11月1日(日)までに大会事務局へご連絡ください。      
    大会事務局 Email:info@yokohamatriathlon.jp
  2. ID、パスワード案内メール
    12月10日(木)までに、優先エントリーに必要なID、パスワードを案内メールにて通知いたします。

対象カテゴリー

「2020 ITU世界トライアスロンシリーズ横浜大会」でエントリーされたカテゴリー

  • 2020大会でエントリーをされたカテゴリーに限り有効です。
    ※カテゴリーとは、スタンダードディスタンス、スプリントディスタンス、エイジパラトライアスロン、エイジリレーとなります。
  • 各カテゴリー内のエントリープラン変更は可能です
    →|詳細はこちらよりご確認ください

ふるさと納税

このたび、横浜大会を応援いただく「ふるさと納税」を新設することとなりました。2009年から横浜を舞台に開催している本大会の継続開催に向け、皆様のご寄附をお待ちしております。

 

ふるさと納税の詳細はこちら

 

 

エントリースケジュール

時 期

内 容

10月26日(月) エントリー案内メール 通知
11月6日(金)〜11月20日(金) ふるさと納税募集期間
12月10日(木)まで ID・パスワード案内メール 通知
12月11日(金)〜12月25日(金) 優先エントリー開始(一般、セレクトサービス、チャリティー、ツアー、海外) 
1月18日(月)〜2月1日(月) 一般エントリー受付期間 
2月24日(水)〜3月2日(火) 一般エントリー結果発表 入金期間 (予定)
4月上旬頃 スタートリスト発表(予定)

 

JTU登録について

本大会は、2021年度JTU登録が必須となります。詳細は次のURLからご確認ください。 https://www.jtu.or.jp/register/

 

2020WTS YOKOHAMA

 

新型コロナウイルスに係る安全対策

大会運営に関する対応

  • 会場内には手指消毒剤を設置します。
  • 参加者の受付はインターネットを使用したオンラインシステムを導入します。
  • 参加者の大会前から大会当日までの健康状態を確認します。
  • 発熱や咳、頭痛などの症状がある方は入場を制限する場合があります。
  • スタート待機時の密集を避ける対策を行うなど、ソーシャルディスタンスを確保して競技を行います。

大会に参加される方の対応

  • 大会当日に体調がよくない(発熱、咳、頭痛などの症状があるなど)場合は参加の見合わせをお願いします。
  • 会場内においては、ソーシャルディスタンスの確保にご協力をお願いします。
  • 参加受付時や更衣時等の競技を行っていない時は、マスクの着用をお願いします。
  • こまめな手洗い、アルコール等による手指消毒の実施をお願いします。
  • その他、感染防止のために主催者が決めたその他の措置の遵守、主催者の指示に従うようお願いします。

安全対策の更新について

  • コロナ禍の状況に応じて安全対策を順次更新してお知らせいたします。

 

エントリーの詳細について

このたび、横浜大会を応援いただく「ふるさと納税」を新設することとなりました。2009年から横浜を舞台に開催している本大会の継続開催に向け、皆様のご寄附をお待ちしております。

 

 

 

 

参加資格(JTU事前登録必須)

※以下の条件を満たしていない場合は参加できません。また、参加をお断りさせていただく場合があります。

※参加条件を満たしている場合であっても、完走証など証明となる書類のご提示をお願いする場合があります。 

エイジグループ① 【スタンダードディスタンス】
  • 2021年12月31日において18歳以上の男女
  • 2021年度JTU登録会員
  • 各種目を制限時間内で完走できる男女
    【スタートからスイム終了まで45分、ラン終了まで3時間45分】
  • 競技説明会はパソコンやスマートフォンを活用したオンライン説明会を導入します。そのため、大会1週間前までに競技ルールを説明した内容を確認の上、理解度チェックを完了いただく必要があります。
    ※オンラインシステムの導入により、これまで実施していた集合型の競技説明会は行いません。
エイジグループ② 【スプリントディスタンス】
  • 2021年12月31日において16歳以上の男女
  • 2021年度JTU登録会員
  • 各種目を制限時間内で完走できる男女
    【スタートからスイム終了まで25分、ラン終了まで2時間00分】
  • 競技説明会はパソコンやスマートフォンを活用したオンライン説明会を導入します。そのため、大会1週間前までに競技ルールを説明した内容を確認の上、理解度チェックを完了いただく必要があります。  
    ※オンラインシステムの導入により、これまで実施していた集合型の競技説明会は行いません。
エイジパラトライアスロン
  • 2021年12月31日において16歳以上の男女
  • 2021年度JTU登録会員
  • エイジパラの部参加カテゴリーTRI1-TRI6に該当する者。 (エイジパラの部は、TRI1-6の旧カテゴリーで実施します。)
    各クラスについては、以下のURLを参照ください。
    https://www.jtu.or.jp/news/2013/05/17/11303/
  • 各種目を制限時間内で完走できる男女
    【スタートからスイム終了まで25分、ラン終了まで2時間00分】
  • ハンドラー、ガイドは原則として自己手配とします。
  • 競技説明会はパソコンやスマートフォンを活用したオンライン説明会を導入します。そのため、大会1週間前までに競技ルールを説明した内容を確認の上、理解度チェックを完了いただく必要があります。  ※オンラインシステムの導入により、これまで実施していた集合型の競技説明会は行いません。  ※ガイド、ハンドラーの方も大会1週間前までに競技ルールを説明した内容を確認の上、理解度チェックを完了いただく必要があります。
エイジリレー
  • 2021年12月31日において18歳以上の男女2名、または3名からなるチーム
  • 2021年度JTU登録会員(※チーム全員のJTU登録が必須)
  • 各種目を制限時間内で完走できる男女 【スタートからスイム終了まで45分、ラン終了まで3時間45分】
  • 競技説明会はパソコンやスマートフォンを活用したオンライン説明会を導入します。そのため、大会1週間前までに競技ルールを説明した内容を確認の上、理解度チェックを完了いただく必要があります。  ※オンラインシステムの導入により、これまで実施していた集合型の競技説明会は行いません。
  • 登録後のメンバー変更は、2021年3月31日(水)までに所定の書面にて変更届を提出し、受理された場合に限ります。

 

 

表  彰

カテゴリー 内容

エイジグループ①
スタンダードディスタンス

19歳以下男女 1位~3位

20歳以上は5歳ごとの年代別男女 1位~3位

エイジグループ②
スプリントディスタンス

19歳以下男女 1位~3位

20歳以上は10歳ごとの年代別男女 1位~3位

エイジパラトライアスロン

各カテゴリー別男女 1位~3位

リレー

男子、女子、混合 1位~3位

 

大会保険

JTUが推奨する大会保険に加入します。(引受保険会社:三井住友海上火災保険株式会社)

競技中の負傷などに対する組織委員会の保証は、大会において加入する保険の適用範囲内です。
また機材・備品の保証は一切ありません。次の保障内容を必ず確認のうえ、不足と思われる方は各自において別途保険加入ください。

 

給付内容/原因 傷害 日射病・熱射病・ 低体温症 細菌性食物中毒・特定疾病

 死亡補償

1,500万円

500万円

 後遺障害補償

45~1,500万円

20~500万円

20~500万円

 入院見舞金

5,000円×所定

5,000円×所定

5,000円×所定

 通院見舞金

2,500円×所定

2,500円×所定

2,500円×所定

 葬祭費用見舞金

100万円(実費)

 

 

横浜ブルーカーボン事業

横浜ブルーカーボン事業 
~みんなで育てよう、地球を守る海の力~

横浜ブルーカーボン事業

世界トライアスロン・パラトライアスロンシリーズ横浜大会は、「自然にやさしいトライアスロン大会」を目指しています。

この実現に向けて、本大会では海洋を活用した地球温暖化対策によるCO2排出量削減効果から生み出されたカーボンオフセットのクレジット(横浜ブルーカーボン・クレジット)を活用してCO2排出量をオフセット(埋め合わせ)します。

具体的には、参加料のうち200円を環境協力金として、参加者の会場までの移動により生じるCO2排出量に相当するクレジットを購入し、CO2排出量をオフセットします。クレジットを購入することで、本大会がわかめの地産地消などによる温暖化対策を間接的に支援します。

 

→|横浜ブルーカーボン事業 

 

 

 

 

2020年10月26日現在
本ページに掲載されている情報の全部または一部を予告なく変更する場合がございます。