ワールドトライアスロン・パラトライアスロンシリーズ横浜大会

  • トップページ
  • JTU登録手続き
  • ENGLISH
  • Follow us
  • FACEBOOK
2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会  2017 ITU World Triathlon Yokohama
トップページエントリー総合案内エントリープラン > ふるさと納税エントリー 

2022ふるさと納税でのエントリーについて

トライアスロン横浜大会を応援してください!

横浜大会の継続開催のために、
皆様お一人お一人のお力を貸してください!

2022大会も、エントリーの際に大会やトライアスロンを応援する「寄附制度」(ふるさと納税)を導入します。新型コロナウイルス感染症により、今年も厳しい状況かと思いますが、横浜大会の存続に向け、ご寄附という形でご支援をいただければ幸いです。

ふるさと納税とは

都道府県、市区町村への「寄附」です。

横浜市に対する個人の方の寄附は、「ふるさと納税」として税額控除の対象となります。

ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象(※)となります。

 

ふるさと納税の概要はこちら

※全額控除される寄附金額には、収入や家族構成に応じて一定の上限がありますので、ご確認ください。

 

全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安についてはこちら

ふるさと納税の流れはこちら

横浜市への寄附「ふるさと納税」について

ふるさと納税は、応援したい自治体に対して寄附という形で力になれる制度です。

あなたの「ヨコハマ」を想う気持ち、「トライアスロン・パラトライアスロンの街、横浜」を応援したい気持ちで、トライアスロン横浜大会を一緒に創りませんか。

 

詳細はこちら

 

寄附メニュー「トライアスロンを応援」詳細

今回のふるさと納税では、皆様の寄附により大会の安定開催を支援いいただく一方、寄附に際し、寄付者の納税額に応じて、住民税等が控除される仕組みです。

寄附メニュー「トライアスロンを応援!」を活用していただくと、実質上の自己負担額が少額で、「2022ワールドトライアスロンシリーズ横浜大会」(2022年5月15日(日)開催)」にご参加いただけます。

 

寄附金額

13万円以上

対象者

横浜市外在住の方

返礼品

2022ワールドトライアスロンシリーズ横浜大会(スタンダードディスタンス)参加権利及び参加料

限定数

先着100名

エントリーのながれ

寄附金のお振込

 

ふるさと納税及び寄附メニューの「返礼品」に関する注意事項

寄附(ふるさと納税)について

  • 一度、寄附をいただくと、いかなる理由があっても、返金をすることが出来ませんので、ご注意ください。
  • 新型コロナウイルス感染症の影響で、大会が中止となった場合でも、参加料相当額を返金することはできませんが、大会オリジナルグッズ等の返礼品をお送りいたします。

寄附メニューの「返礼品」について

  • 寄附メニューの「返礼品」は、横浜市外在住の方限定となります。
  • 横浜市内在住の方は、寄附(ふるさと納税)はできますが、寄附メニューの「返礼品」 を受け取ることができませんので、ご注意ください。
  • 寄附メニューの「返礼品」 の対象となるのは、スタンダードディスタンスです。
  • スプリントディスタンス、エイジパラトライアスロン、エイジリレーは対象外となりますので、ご注意ください。
  • 2022年大会の参加には、エントリーの手続きが別途必要となります。(エントリーの際に参加料の支払いは生じませんが、別途システム手数料、環境協力金200円がかかります。)