横浜トライアスロン情報サイト
  • トップページ
  • JTU登録手続き
  • ENGLISH
  • Follow us
  • FACEBOOK
img
トップページ > 新着情報一覧 > WTS横浜ニュース

2017世界パラトライアスロンシリーズ横浜大会 優勝報告
日本人史上初!夏季・冬季パラリンピック金メダリスト 土田和歌子選手が市長を訪問

2017年6月15日掲載

日本人史上初!夏季・冬季パラリンピック金メダリストの土田和歌子選手が2017年6月19日(月)に林文子横浜市長を訪問します。土田選手は、2017年5月13日(土)に開催した2017世界パラトライアスロンシリーズ横浜大会(女子PTHC)で、優勝しました。

 

概 要

日 時:2017年6月19日(月)14時00分

会 場:横浜市庁舎 2階応接室

訪問者:土田 和歌子選手(八千代工業株式会社 所属)

 

2017世界パラトライアスロンシリーズ横浜大会 結果(女子PTHC)

 

課題のスイムは5選手中4位と出遅れたが、得意のバイクとランで他の選手を圧倒し見事巻き返しに成功、世界シリーズ初出場、初優勝となる。

順位 氏名 補正 SWIM T1 Bike T2 Run 合計
1 土田和歌子(JPN) 0:00:00 0:16:55 0:02:19 0:40:59 0:02:07 0:12:51 1:15:11
2 ジェイド・ジョーンズ(GBR) 0:04:48 0:13:38 0:01:31 0:42:05 0:00:52 0:13:36 1:16:30
3 エバ マリア・モラル ペドレロ(ESP) 0:00:00 0:16:18 0:02:53 0:41:01 0:02:00 0:15:30 1:17:42
4 リジー・テンチ(GBR) 0:04:48 0:14:09 0:02:06 0:42:53 0:01:15 0:17:15 1:22:26
5 サラ・テイト(AUS) 0:00:00 0:19:53 0:01:49 0:54:48 0:01:49 0:20:27 1:38:46

 

選手プロフィール

土田 和歌子選手(八千代工業株式会社 所属)

土田 和歌子(つちだ わかこ)
生年月日 :1974年10月15日 (42歳)

出生:東京都
所属:八千代工業株式会社(埼玉県)所属

2017JTUパラトライアスロン女子強化S指定選手 

 

略 歴

高校2年生の時に、友人とドライブ中、交通事故に遭い車いす生活となる。

1993 アイススレッジの講習会に参加したことがきっかけで、日本で最初にアイススレッジスピードレース※を始める。

1998 長野冬季パラリンピックでは1500mで自己の世界記録を更新し金メダルを獲得

1999 陸上競技に転向

2004 アテネ夏季パラリンピックでは5000mで金メダル、マラソンで銀メダルを獲得

日本人史上初の夏・冬パラリンピック金メダリストとなる。

その後も、北京・ロンドン・リオデジャネイロと、パラリンピックに4大会連続出場を果たす。ロンドンパラリンピックでは日本選手団主将を務める。

※アイススレッジスピードレース(Ice sledge racing)は、氷上においてそり(スレッジ)に乗りおこなわれる、障がい者スポーツ。下肢などに機能障がいのある選手のみを対象に座位で行うスピードスケート競技。

 

パラトライアスロンへの挑戦

2017年4月にフィリピンで開催された「ASTCパラトライアスロンアジア選手権」に初参戦して優勝し、5月の2017世界パラトライアスロンシリーズ横浜大会の出場権を得て、見事優勝しました。

 

大 会 成 績

1994年

リレハンメルパラリンピック

100m、700m、1000m 入賞

1998年

長野パラリンピック

100m・500m  銀メダル 

1000m・1500m 金メダル

※1500mでは世界新記録を樹立

1999年

(陸上競技に転向)  

2000年

シドニーオリンピック

公開競技800m 銀メダル

2001年

大分国際車いすマラソン

優勝 (当時の世界記録樹立)

2004年

アテネパラリンピック

5000m金メダル、マラソン銀メダル

2010年

ベルリンマラソン

優勝

2010年

ロンドンマラソン

優勝

2011年

IPC世界選手権(ニュージーランド・クライストチャーチ) マラソン

優勝

2013年

IPC世界選手権(フランス・リヨン)マラソン

2位

2007~2011年

ボストンマラソン

5連覇

※2011年大会では未公認世界記録

2008~2016年

東京マラソン

9連覇中

2013年

大分国際車いすマラソン

世界新記録更新

2013年

ニューヨークシティマラソン

2位

2014年

ロンドンマラソン

3位

2014年

ボストンマラソン

2位

2017年

ASTCパラトライアスロンアジア選手権

優勝(パラトライアスロン初参戦)

2017年

世界パラトライアスロンシリーズ横浜大会

優勝

 

 

パラトライアスロン競技と世界パラトライアスロンシリーズ

 

土田 和歌子選手(八千代工業株式会社 所属)

パラトライアスロン競技は、2016年リオデジャネイロパラリンピックから正式競技として採用されました。

「2017世界パラトライアスロンシリーズ横浜大会」では、エリートの部、エイジ(一般)の部、それぞれのカテゴリーで開催しましたが、横浜大会では、パラリンピックで正式競技に採用される前の2014年から、エリートパラトライアスロンを国内ではじめて開催しています。

また、今大会からパラトライアスロンの最高峰大会「世界パラトライアスロンシリーズ」が世界3か国で公認され、横浜大会はシリーズ第2戦目として開催し、17の国及び地域から男女合計70名のエリートパラトライアスロン選手が出場しました。

世界を転戦しながらポイントを競い合い、パラリンピックイヤーでは獲得したポイント数によってパラリンピックへとつながる重要な大会に位置付けられています。

 

クラス分けについて

選手の障がいの程度が競技結果に及ぼす影響を最小化するために、その類型と度合いに応じて、6つのカテゴリーが設けられています。横浜大会では、手で漕ぐタイプのハンドサイクルや競技用車いすを使用する選手が出場するPTHCクラスで、土田 和歌子選手は見事優勝しました。

 


記者発表資料

 

https://yokohamatriathlon.jp/wts/pdf/170615-1.pdf

 


お問い合わせ

世界トライアスロンシリーズ横浜大会 組織委員会事務局
電話番号:045-680-5538 FAX:045-641-2371
E-mail:info@yokohamatriathlon.jp