横浜トライアスロン情報サイト
  • トップページ
  • JTU登録手続き
  • ENGLISH
  • Follow us
  • FACEBOOK
img
トップページ > 新着情報一覧 > WTS横浜ニュース

2016世界トライアスロンシリーズ横浜大会 1ヶ月前プレイベント「Green Triathlon」4月16日(土)開催!

2016年4月12日掲載

概 要

タイトル

2016世界トライアスロンシリーズ横浜大会 1ヶ月前プレイベント 「Green Triathlon(グリーントライアスロン)」

開催概要

グリーントライアスロン「2016世界トライアスロンシリーズ横浜大会」の1か月前のプレイベントとして、Green Triathlon(グリーントライアスロン)を会場となる山下公園で開催します。

自然環境にやさしいトライアスロン大会をめざして、メイン会場である山下公園、スイム会場となる山下公園前海面及び海底の清掃を実施するほか、消防艇による大迫力の放水デモンストレーションをはじめとする様々なイベントを開催し、大会を通じた環境保全に対する啓発活動、そして1か月後の大会へとつなげていきます。

開催趣旨

グリーントライアスロンは、大会運営のすみずみまで自然環境に対する負荷を抑える配慮を施し、さまざまな視点からリデュース(減らす)、リユース(再利用)、リサイクル(再資源化)の3Rを目指して、トライアスロンを通じて、より多くの方に地球環境への意識を高めることを目的としています。

日  時

平成28年4月16日(土) 

11時00分〜14時30分 〔山下公園の人出によっては15時00分まで〕

会  場 

山下公園前面海域及び山下公園

 

イベント中止時について
荒天・地震・津波等の理由によりイベントを中止する場合があります。また。参加者の安全確保が困難と判断した場合、イベント内容の変更・中止をする場合があります。開催可否については、下記の方法で行います。

発表時間:2016年4月16日(土)7時00分
大会公式サイト:http://yokohamatriathlon.jp/wts/index.html
大会公式ツイッター:@YTRIATHLON
大会公式フェイスブック:Yokohama Triathlon


スケジュール(予定)

テント名

団体名

内容

詳細

世界トライアスロンシリーズ横浜大会PRブース

WTS横浜大会組織委員会

大会PR

大会の紹介を行い、大会開催に向け盛り上げを図る

①トライアスロン体験…キッズ用、大人用サイクル展示、試乗

②トライアスロンバナー・パネル等展示、大会チラシの配布 等

スイム会場試泳

大学生トライアスロン部による試泳(約20名予定)。海上に整列し、約100m陸地と平行に2往復。

山下公園内清掃

山下公園に来園している方に呼び掛けゴミ拾いを実施する。

氷川丸側バルコニー階段下踊り場清掃作業

大会当日スイムリタイヤ者をピックアップする導線及び踊り場部分に付着した貝、フジツボなどを撤去する。

横浜ラポール

パラトライアスロンPR

ハンドサイクル、競技用車いすの展示、試乗。横浜ラポールの事業PR

海をつくる会

海をつくる会

海底清掃

ダイバーが海底及び海面のゴミを手作業で回収。

※ダイバーは当日朝、健康確認表にて体調確認を行う。

タッチプール

山下公園前海域に生息するカニやヒトデ、魚を展示し、来園者に触れてもらい、横浜の海の豊かさを知ってもらう。

トライアスロン審判講習会・ランニング講習会

神奈川県トライアスロン連合

横浜市トライアスロン協会

審判員講習会

大会当日の審判を対象に審判講習会を実施する。

①救急救命講習 
②トライアスロン審判業務とは(心得) 
③大会概要、審判業務内容 
④国際ルールの再確認

⑤実技指導(バイク乗降車ライン審判業務)

ランニング講習会

大会参加者を対象にしたラン講習会の実施。30名程度

①トライアスロンンのランニングの特徴(座学)

②大会コースの紹介・注意点
③コース一部の試走

横浜市環境創造局温暖化対策統括本部

横浜市環境創造局 

環境PR

横浜ブルーカーボン事業の照会。海藻を使った押し葉体験。

温暖化対策統括本部

ブルーカーボン実証実験の紹介PR。

自転車発電を使用した、横浜ブルーカーボン事業の紹介

横浜市消防局

横浜市消防局 

放水デモンストレーション

横浜市消防局消防艇「よこはま」放水デモンストレーション

心肺蘇生法PR

心肺蘇生法(CPR)やAEDの取扱を審判員に講習する

横浜海上保安部

横浜海上保安部

 

放水デモンストレーション

横浜海上保安部消防船「ひりゆう」放水デモンストレーション

横浜海上保安部活動PR

「未来に残そう青い海」をテーマに子供たち向け事業を行う。

①海洋環境教室(クイズ等)

②ミニ制服試着コーナー

③海上保安庁マスコット
④ロープワーク教室

⑤学生募集
⑥環境に関する紙芝居

横浜水上警察署

横浜水上警察署

水難救助訓練

横浜水上警察署による警察用船舶・ヘリコプターによる水難救助訓練デモンストレーション。

横浜水上警察署PR

①県警マスコット記念撮影ブース②ミニ白バイ展示
③パネル展示
④広報活動

海中映像中継

(河童隊)

協力:JFEスチール

横浜市&JEFスチール(株)

共同研究

海中映像中継

実証試験モニタリング中継

横浜市&JFEスチール㈱の「共同研究実証実験」の現状を水中カメラによりライブ中継し横浜の海の豊かさを来園者にPR。中継は、カメラマンとレポーターが自ら潜って実況中継する。

協賛ブース

(有)スポーツアシスト

スポーツグッズ販売

スポーツグッズの販売。

三井化学(株)

横浜市と連携した環境取組の紹介

横浜市の環境取組みで使用される製品の紹介・

オイルブロッター®による油吸着体験

 

 

昨年の実施風景

グリーントライアスロン グリーントライアスロン グリーントライアスロン
グリーントライアスロン グリーントライアスロン グリーントライアスロン
グリーントライアスロン グリーントライアスロン グリーントライアスロン
グリーントライアスロン グリーントライアスロン グリーントライアスロン

 

記者発表資料はこちら[PDF]


お問い合わせ先

世界トライアスロンシリーズ横浜大会 組織委員会事務局
電話番号:045-680-5538 FAX:045-641-2371
E-mail:info@yokohamatriathlon.jp