横浜トライアスロン情報サイト
  • トップページ
  • JTU登録手続き
  • ENGLISH
  • Follow us
  • FACEBOOK
2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会  2017 ITU World Triathlon Yokohama

環境への取り組み

横浜ブルーカーボン事業

横浜ブルーカーボン事業~みんなで育てよう、地球を守る海の力~
世界トライアスロンシリーズ横浜大会は、「自然にやさしいトライアスロン大会」を目指しています。 2015年大会より、組織委員会と横浜市との協働による地球温暖化対策「横浜ブルーカーボン事業」に取り組み、参加者の会場までの移動により生じるCo2排出量を金額に換算し、環境協力金でオフセット(埋め合わせ)を行っております。 参加者から集まった環境協力金でブルーカーボンクレジットを購入することで、海洋資源を用いた温暖化対策を進めるとともに、海の森の育成・海の水質改善に繋げていきます。

 

世界トライアスロンシリーズ横浜大会の環境への取り組み

※1 登録地から会場まで電車や飛行機をつかった場合の1人あたりのCO2排出量を示しています。なお、計算には2016年の大会出場者(エリート除く)1,645名の往復距離を使用しました。
※2 200円で200本のワカメの苗を購入することができます。

 

項 目 2015年 2016年
人数 1061名(任意) 1566名
排出量 35.5t 32.8t
環境協力金 1人あたり 200円 200円
環境協力金 合計額 212,200円 313,200円

 

横浜ブルーカーボン事業

2015年横浜トライアスロン大会における証書授与式(2016年1月25日記者発表資料)

 

2016年大会における取り組みの一例

豊かな海づくりへの貢献

世界トライアスロンシリーズ横浜大会の環境への取り組み

 

2016世界トライアスロンシリーズ横浜大会では、スイム特設会場に山下公園前海域を使用する中、トライアスロン大会を通じて、海の環境改善を図るために、「より豊かな海づくりに寄与する」ことを目的としたチャリティーエントリーを実施しました。

 

詳しくはこちら

 

海づくりカード 「環境宣言」

世界トライアスロンシリーズ横浜大会の環境への取り組み

 

こどもたちに「いつでも泳げる、いつでも遊べるきれいな海」をテーマに、自分ができる海や自然環境について取組んでいること(取組みたいこと)を宣言してもらい、こどもたちと一緒に「海の自然環境」について考えました。

 

参加者303人の宣言

 

完走わかめ

横浜ブルーカーボン事業を広く参加者へ周知および理解していただくため、参加選手からの環境協力金を活用し、横浜市漁業協同組合のご協力のもと、参加者のレースの完走を願い 「完走 (乾燥) わかめ」を配布しました。パッケージ裏面に、横浜ブルーカーボン事業についての横浜市漁業協同組合と横浜市の対談を掲載しました。
※横浜市金沢区の海で養殖されたワカメを使用

 

 

横浜ブルーカーボン×海の対談


 

大会1ヶ月前イベント「グリーントライアスロン」の開催

地球環境にやさしい大会を目指して、大会1か月前にメイン会場である山下公園にてトライアスロンという注目されるスポーツを通じて、より多くの 方に地球環境、特に海の環境へ意識を高めていただくことを目的とし、ダイバーによる海底清掃、海中映像中継、そしてスイムコース試泳、更に は横浜海上保安部・横浜市消防局による消防艇放水デモンストレーション、横浜水上警察署による溺者救出デモンストレーション、など会場で の安全意識の普及・啓発を図りました。

 

Green Triathlon(グリーントライアスロン)とは?
大会運営のすみずみまで自然環境に対する負荷を抑える配慮を施し、さまざまな視点からリデュース(減らす)、リユース(再利用)、リサイクル(再資源化)の3Rを目指して、トライアスロンを通じて、より多くの方に地球環境への意識を高めることを目的としています。

 

 

日 程

4月16日(土)11:00~14:30

会 場

山下公園前面海域および山下公園内

参加者数

約6,000名

協力団体

横浜海上保安部・横浜水上警察署・横浜市消防局・鶴見水上消防出張所・横浜市水道局・横浜市温暖化対策統括本部・環境創造局環境科学研究所・横浜市環境創造局&JFEスチール(株)・海をつくる会・三井化学(株)・(有)スポーツアシスト・横浜ラポール・横浜市トライアスロン協会・東海大学、横浜国立大学学生・横浜労災病院

 

グリーントライアスロン4月16日開催(2016年4月12日記者発表資料)

 

グリーントライアスロンEXPOブース出展

横浜市環境創造局・温暖化対策統括本部と連携し、Green Triathlon(グリーントライアスロン)コーナーを設置しました。トライアスロンを通じて横浜・都市環境への意識を高め、横浜港の水質改善につなげていくために様々なPRを実施しました。

 

 

実施内容

  • ヨコハマ海洋市民大学で市民が作成した横浜港開港地区の未来図
    (みんなで描く横浜の未来図として横浜港のジオラマを設置し、来場したこどもたちに将来どんな海にしたいか等、海への思いを記入してもらいジオラマに貼り付けました)
  • 地球温暖化、環境創造局「横浜ブルーカーボンオフセット」事業をPR
  • 山下公園前海域のパネルを展示・解説する
  • 海中映像VTR
  • 深浅測量(3D鳥瞰図、動画)
  • 自転車発電コーナー
  • 海づくりカード「環境宣言」 など
会場アンケート結果
2016世界トライアスロンシリーズ横浜大会 会場アンケート結果