横浜トライアスロン情報サイト
  • トップページ
  • JTU登録手続き
  • ENGLISH
  • Follow us
  • FACEBOOK
2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会  2017 ITU World Triathlon Yokohama

環境への取り組み

横浜ブルーカーボン事業

横浜ブルーカーボン事業~みんなで育てよう、地球を守る海の力~
世界トライアスロンシリーズ横浜大会は、「自然にやさしいトライアスロン大会」を目指しています。 2015年大会より、組織委員会と横浜市との協働による地球温暖化対策「横浜ブルーカーボン事業」に取り組み、参加者の会場までの移動等により生じるCo2排出量を金額に換算し、環境協力金でオフセット(埋め合わせ)を行っております。 参加者から集まった環境協力金でブルーカーボン・クレジットを購入することで、海洋資源を用いた温暖化対策を進めるとともに、海の森の育成・海の水質改善に繋げていきます。

 

世界トライアスロンシリーズ横浜大会の環境への取り組み

※1 登録地から会場まで電車や飛行機をつかった場合の1人あたりのCO2排出量を示しています。なお計算には2016年の大会出場者(エリート除く)1,645名の往復距離を使用しました。
※2 200円で200本のワカメの苗を購入することができます。

 

項 目 2015年 2016年 2017年
人数 1,061名(任意) 1,566名 1,667名
排出量 35.5t 32.8t * 集計中
環境協力金 1人あたり 200円 200円 200円
環境協力金 合計額 212,200円 313,200円 * 集計中

 

横浜ブルーカーボン事業