横浜トライアスロン情報サイト
  • トップページ
  • JTU登録手続き
  • ENGLISH
  • Follow us
  • FACEBOOK
2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会  2018 ITU World Triathlon Yokohama

世界トライアスロンシリーズとは

世界トライアスロンシリーズ開催地

世界トライアスロンシリーズの位置付け

 

世界トライアスロンシリーズについて

「ITU世界トライアスロンシリーズ」は、オリンピックを目指す各国の代表選手が世界を転戦しながらポイントを獲得し、年間のチャンピオンを決定するシリーズ戦です。横浜では、2009年の横浜開港150周年記念事業を機に世界シリーズが創設された初年度から開催し、2020年は11度目となります。
東京2020オリンピック開催直前の国際レースである横浜に世界のトップアスリートが集結します。

世界トライアスロンシリーズの位置付け

シリーズ 開催都市・国 開催日 開催数

第1戦

3月6日(金)・7日(土)

アブダビ(UAE)

6回目

第2戦

4月18日(土)・19日(日)

バミューダ諸島

3回目

第3戦

5月16日(土)・17日(日)

横浜(日本)

11回目

第4戦

6月6日(土)・7日(日)

リーズ(イギリス)

5回目

第5戦

7月11日(土)・12日(日)

ハンブルク(ドイツ)

12回目

最終戦

8月21日(金)~23日(日)

エドモントン(カナダ)

7回目

 

世界パラトライアスロンシリーズについて

パラトライアスロン競技は、2016年のリオパラリンピックで正式競技となり、2017年に「ITU世界パラトライアスロンシリーズ」が誕生しました。横浜はアジアで唯一の開催国で、「世界一参加したい大会」と称賛され、2020年は東京パラリンピックへの出場ポイントを獲得するための重要な位置付けとなっています。

世界トライアスロンシリーズの位置付け

シリーズ 開催都市・国 開催日 開催数

第1戦

2月29日(土)・3月1日(日)

デボンポート(オーストラリア)

初開催

第3戦

5月16日(土)・17日(日)

横浜(日本)

4回目

第4戦

6月20日(土)・21日(日)

モントリオール(カナダ)

2回目

世界選手権

5月2日(土)・3日(日)

ミラノ(イタリア)

 

 

エイジグループについて

エイジグループは、2011年に「エイジ大会」として競技が導入され、WTS/WPS大会に併設された国内最高峰の大会です。

参加者も厳しい参加条件をクリアしたトップレベルの選手が集結し、世界選手権出場に向けたエイジランキングポイントを獲得するための重要なレースに位置づけられています。

一方で、長くトライアスロン競技を楽しむ中で、一つの目標大会でもあり、参加者は16歳-最高齢は80歳まで、幅広い年齢層の参加者の皆さまに大会を盛り上げていただきます。

世界トライアスロンシリーズの位置付け


 ※2019年11月11日現在